ツアーのお供

これまで店舗展開や価格競争が行われ、現在に至ります。

現在、街を歩けばレンタカー会社の店舗を目にする機会が多く、レンタカー業はとても一般的な存在と言えるでしょう。その歴史が始まったのは、1950年頃とされています。そして15年程が経した1965年頃になると、大手自動車メーカーが運営するレンタカー会社が登場し始めました。経済成長期とも重なり、その頃から日本各地に店舗が展開され始めました。特に新幹線の停車駅や空港の周辺には、店舗が多く集まりました。1970年頃になるとレンタカー会社はさらに増加し、店舗の展開はもちろん、サービスや利用料金の価格競争が激しくなりました。そして2000年を過ぎるとさらに低価格化が進み、格安で車を貸し出すレンタカー会社や、カーシェアリングと呼ばれる短時間を低料金で利用可能なレンタカーが登場し、現在に至っています。

さらに充実したサービス展開と、低価格化が進むでしょう。

サービスや価格競争が行われて発展してきたレンタカー業には、今後もさらに充実したサービスや低価格での貸し出しが求められるでしょう。例えばサービス面においては、店舗に配備する全車に最新の情報がアップデートされているカーナビを搭載するなどのサービスが展開されるでしょう。また最新型の車を配備するなど、各店舗ごとの特色に違いが出てくると予測されます。スタッフのホスピタリティー教育に力を入れるレンタカー会社もあり、様々な角度からさらなるサービスの充実が行われるでしょう。利用料金については、従来の価格設定で営業している通常のレンタカー会社も、格安店に対抗すべく、今後は利用料金を下げると予測されます。通常料金はもちろん、ハイシーズン価格などの割増料金は次第になくなると予測され、利用料金の相場はさらに低価格になるでしょう。