増える需要と利用者

カーナビの普及により増えたレンタカー利用者

旅行先で移動のためにレンタカー利用者が増えています。初めての場所は土地勘がないので道路がわからずレンタカーを利用することに躊躇があった人もカーナビが装備されるようになってからは状況が変わってきています。レンタカーにカーナビが搭載されるようになり道順に悩むことがなくなったため安心して利用するとができるようになったことが要因の一つとして挙げられます。日本人だけではなく海外から日本に来た人もレンタカーを利用することが多くなってきているのでカーナビの普及はレンタカー業界にとってはプラスに働いていることになります。道順についてはカーナビが解決してくれるので道に迷う心配はなくなりましたが問題はなれない道路状況への対応です。

慣れない道路状況での危険性

冬の北海道でレンタカーを利用する人にとって、冬道走行は避けては通れない状況になります。雪道やアイスバーンなど道路状況は変化します。普段慣れている人でも危険と隣り合わせの走行になります。レンタカーの方も冬道走行に対応したタイヤを装着していますがそれでも滑りやすい状況になるのが北海道の冬道です。慣れない人はスピードの加減がうまくできなかったり、ブレーキを踏むタイミングをつかむことが難しいのです。北海道の冬道でレンタカー利用による旅行者の事故が多発するのは冬道走行になれていない人が運転することが原因になっています。冬の北海道では道路状況を確認してからレンタカー利用を決める選択技も安全のためには必要です。