手を挙げる三人の女性

あれこれを知る

利用上の注意点あれこれ

リーズナブルな価格で人気急上昇中の夜行バス。寝ている間に目的地なのでとても便利ですが、注意点も色々あります。 まず乗車場が大きな駅(新宿駅、横浜駅、名古屋駅など)の場合、駅から徒歩数分というのはザラで、目印が何もない建物の前と言う場合もあり得ます。そのため案内などで必ず場所を確認するようにしましょう。 無事乗車できたとしても、注意点はまだまだあります。サービスエリアで休憩の為降車する場合ですが、同時間帯に多くの夜行バスが同じように休憩停車している場合があります。当然行先もバス会社もまちまちですので、バスの模様を忘れないようにしましょう。また同じバス会社のバスでも行先が違う場合もありますので、バスのナンバーまで覚えておくと効果的です。 他にも注意点はいろいろありますが、これらは目的地に無事たどり着くための最低限の注意点と言えるでしょう。

夜行バス内で快眠するためのコツ

夜行バスは移動時間を睡眠に充てるわけですから、車内でいかに快適に寝るかを考える必要があります。せっかく時間を有効利用できたとしても、睡眠不足だとあまり意味はありません。 まず日本人は海外の人に比べて、ずっと靴を履いていることができません。そのため足が締め付けから解放されるスリッパがあると重宝します。備え付けられている場合が多いですが、格安夜行バスの場合はない場合があります。 また最近では空気枕やアイマスク、耳栓などの快眠グッズが備え付けられている夜行バスも増えていますが、ない場合は自分で用意しましょう。これらはあるのとないのとで随分快適度が違います。後は乾燥予防にマスクなどが効果的です。 準備万端にして、夜行バスの旅を楽しみたいですね。

最新情報

増える需要と利用者

旅行先での移動手段として括約するレンタカー、近年ではカーナビを搭載したものも多く、知らない土地でも気軽な旅の助けとすることが出来ます。利用料金やサービスでもレンタカーを選ぶ事が出来ます。

Read More

空港を賢く利用

空港を利用する際、目的地に合わせて空港の設備や順路を把握しておく必要があります。国際線、国内線があり、持ち込める手荷物も大きく制限されます。そのため、事前に調べて準備を万全にしましょう。

Read More

SUB MENU

関連記事

ツアーのお供

1950年頃から始まったレンタカーの歴史は、今日に至るまで続いてきました。最近ではレンタルの他にもカーシェアリングといったサービスもあり、旅行を助ける便利な物に進化していっています。

Read More